Bubble Bath

生々しいOL生活暴露します。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

posted at --:-- | スポンサー広告

山崎豊子「不毛地帯」2巻完読。
全2巻だと思ってましたが、4巻まであることが判明。
ちょっと嬉しい。
しっくりくる終り方じゃなかったから。。
でも、もう終わったんだと思い込んでいたので、春樹を読み始めてしまいました。
豊子と春樹。
全く対極にあるような作家だと思われます。
私の短すぎる読書人生でもわかるほど、二人の作風はかなりかけ離れています。
抽象的と具体的の違いみたいな感じ。
私はどちらかというと具体的なリアリティのある作品が好きなため、豊子派でしたが、豊子を読んで、よくわからない方面の言葉(不毛地帯の場合、商社マンが主役なので飛行機とか繊維とか鉄鋼とかの話)で頭がガンガンした後に、春樹を読むと、とても心地よい風が吹いてくる感じで、スイスイ読めます。
抽象的な表現が新鮮で、その奥にある、メッセージを読み取ろうと頑張ってみたりします。
豊子さんは努力型、春樹さんは天才型といった感じかな。
あの人の頭の中ってどうなってるんだろう。って思うよ。
今読んでいるものは、早くもノルウェーとダンス×3よりも好きになりそうです。
題名は「ねじまき鳥クロニクル」です。多分。
クロニクルだけちょっと自信ないけど。

これからは、もっともっと色んな本を読んでみたいです。
村上春樹のような話を書く人は他に誰が居るんだろう。
豊子系は居ると思うんだけど、春樹系。

さぁ、今日はおかきのまねしてMOREでも買って帰ろうかな!!
今回のMOREは良いみたいなので。。
スポンサーサイト

テーマ:ひとりごとのようなもの - ジャンル:日記
posted at 16:08 | 未分類 | TB(0) | CM(0)

leaf この記事に対するコメント


leaf この記事に対するコメントの投稿
















leaf この記事に対するトラックバック

crown RSSフィード
crown meromeropark

crown 天気予報


-天気予報コム- -FC2-

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。